​きれいな口元

審美歯科という名称は一般的になってきておりますが、お口の中の金属冠や詰め物をセラッミクのかぶせ物に換えれば、見た目は少し綺麗となるでしょうが、それだけでは歯肉の健康やかみ合わせの安定にはつながりません。 名ばかりの美容と違うためには、通常の歯科治療の一般的原則は必ず守られたうえで、口元の美しさを追求しようとする付加価値の高い歯科治療とすべきでしょう。 歯に対する健康観は向上してきたとはいえ、まだまだ白いだけのかぶせ物や適合精度の問題から炎症をおこし歯肉の発赤が目立つ方が多いようです。 医院で追求できるものばかりでなく製作に必要な歯冠修復物についても東京でも最良とされる歯科技工室と手をむすび、品質の高く美しい審美的修復治療を目指しております。 実際のところ修復治療では避けて通れない歯を削るという作業については、最小限の犠牲で最大限の効果を得られなければ治療した意味がなくなります。良い治療は得られる効果が治療により失われるものよりずっと多くなければならないものです。仕方なく歯を治療するなら健全な歯に少しでも近づけますよう、耐久性や機能性と同様に審美的満足感も患者さんに提供できますよう努めてまいります。 審美的治療はおそらく心理面でも、顔貌を含めた口元の自信や若さや健康意識に関わる役割があると考えます。わたしたちは歯科における審美をそのように捉えております。

Ceramics

Zirconia / ジルコニア クラウン

ジルコニアクラウン治療前
シェード確認
ジルコニア冠中切歯単独
ジルコニア 6前歯 歯並び
ジルコニア 前歯 難しい色
ジルコニア ブリッジ 前歯

Porcelain (e-max) Inlay

​ ポーセレンインレー

ポーセレンインレー
e-max イーマック

Zirconia  Inlay

​ジルコニアインレー

Laminate Veneers / ラミネートベニア

ラミネート ベニア
ラミネートベニア 前歯
ホワイトニング ベニア

 metal taste
tattoo removal
金属片による歯肉変色の除去

歯肉の黒ずみ 

walking bleach

​失活歯の内部からの漂白

失活歯の変色 漂白

porcelain  fused
to metal crown

​陶材焼き付け冠

porcelain fused to metal crown

​セット後20年

セラミック冠 メタルボンド

特別な色合いへの対応 / ジルコニアセラミッククラウン

cho_01.jpg
cho_03.jpg
cho_05.jpg
cho_06.jpg
kawa01.jpg
kawa06.jpg
kawa07.jpg
kawa09.jpg

いずれも失活歯の歯冠が崩壊してコバルトクロームの精密な金属築造がされています。 歯根のみになった状態ではファイバーコアは不適応となります。 明るい歯では築造体の表側に白色のオペーク層を接着させると金属色がめだちません。

Cmposite / コンポジットレジン修復

離開前歯 歯の隙間 治療
tmsピン レジン充填 前歯

ダイレクトボンディングに過度の期待をすべきではありません。 象牙質にスクリューピンの付与がない歯の先の大きめの欠損充填は、ほぼ数年以内にはずれます。

​ホームホワイトニング

nagisa20180112.jpg
nagisa20180730.jpg