武蔵野市吉祥寺本町1-25-10 KS2ビル6F 

 イーデント歯科室    TEL 0422-28-7705

インプラントを利用した欠損修復例 

Single

Multiple

 

 吸収した歯槽骨の回復治療 

 抜歯後インプラントにて修復 

歯科用インプラントを利用した欠損歯の修復治療は、可能な限り患者さんのご負担がすくなく機能的にも審美的にもメンテナンスのうえでも必要十分な再建修復が達成されることを目指しております。 修復物の製作は、基本的に取り外しの容易な咬合面スクリューや内冠へのサイドスクリューを利用した精密な製作法に準拠にしています。 以上の症例はイーデント歯科室担当医によるものですが、製作段階以前にも臼歯部にくらべ難易度の高い前歯部位の歯冠修復では、患者さんの審美的満足も達成するよう自然な歯冠の立ち上がりに留意して的確な位置にフィクスチャーを植立したり、歯槽骨や歯肉の整形も加える場合があります。 また治療前より美しい歯列と口元のバランスを再建するために、必要に応じ最終仕上げの前に何度も試し入れで調整を加えます。 昔の笑顔の口元写真も参考にいたします。
 *当院では世界標準の4社のメーカーのフィクスチャーを使い分けております。 既存インプラントにも対応するよう印象(型取り)システムやドライバー類は他社のものも常備しております。 
 *なお顎骨の吸収が顕著な多数歯修復においては(形成外科的な高度な移植手術でもしない限り)、歯冠部の形態付与を健全歯に近づけるには限界がありますので、清掃性から通常は用いない歯肉付きタイプのベース(セラミック製)とするケースもあります。

>>テクニカルポリシー<<

*オールオン4は常識的判断で金属疲労への配慮の欠如ほか長期的信頼性とリカバリーに問題を感じますため取り扱ってはおりません。 義歯タイプの設計も満足度と清掃性の上で非常に劣ると考えます。 無歯顎でない場合にインプラント植立のために十分保存可能な残存歯まで抜歯するのは医療倫理にそむくと憂慮します。 1日で噛めるを謳い文句に当日から一生大きなリスクを背負うのが実態と考えます。 明晰な人間の選ぶ方法論ではありません。

*咬合力の負荷の大きさは看過できないものがあります。 オールオン4の問題点同様、アストラテックインプラントのような内側性保持でフィクスチャーボディーの菲薄なタイプは大臼歯部には不向きで、これまで破損から多数の除去を経験しております(当院に来院された方では6本撤去しました方もおります)。 連結冠での印象の不確実さも必ず破損の原因となります。 破損は最初の数年では分かりませんし、歯科技工士さんの責任でもありません。

>>前歯部欠損・インプラントの補綴修復作業について<<